京野菜と桜肉と鴨肉とワインの美味しいお店「子鴨」

こだわりの食材

京懐石の料理人として
旬の「一番おいしい素材」を「最速の鮮度」で仕入れています。
京都の伝統技術で造られた最高峰の調理道具による
活きた料理を気軽に楽しんでいただきたい。
それが子鴨です。
店主 青木泰樹

桜肉(馬肉)

馬肉が鮮やかな桜色に発色する事から桜肉と呼ばれています。
美容健康に抜群で、お肌や体型の理想化にはもちろんの事、
身体能力の向上と維持に意識の高い方にも
最高の栄養成分と効果をもたらしてくれる素晴らしい食肉です。
牛肉と比べると、カロリーは3分の1、脂肪は5分の1しかありませんが、
タンパク質のグリコーゲンとペプチドは3倍、カルシウムも3倍多く含まれています。
これらの栄養価が「あっさりしているけど、コクがある」と感じられます。

こだわりの食材

鴨肉

古来より京都の鴨肉の旨さの次元が別格と云われてきました。
さらに凄いのは旨さだけに留まらず、栄養価も凄いんです。
不飽和脂肪酸が他の食肉より6倍高く、
脂の溶ける温度が14度と極めて低い為に体内に溜まりにくく、
他の脂と結合してデトックスしてくれます。
特に体脂肪&内臓脂肪を落とす力が強いです。
頭や目の疲れに薬膳効果の高い食肉です。

京野菜

子鴨のお野菜
土の香り、水の旨味、太陽と風に育てられた本物の活きた京野菜
おいしくて、健康美容に良いものを食べていただく為に
店主自ら農家さんへ朝一番に収穫しにいってます。

京の旬野菜認定農家
内海農園 山科で地野菜を中心に味の詰まった京野菜を作られてます。
トナミ菜園 鷹峯で農薬の代わりに漢方薬を独自に使う特殊京野菜を作られてます。

お品書き

  • 桜肉メニュー
  • 鴨肉メニュー
  • 飲物メニュー

アクセス

住所:京都市中京区河原町三条下る大黒町46-1
営業時間:17:30〜23:00 (最終入店 22:00) 売り切れ終了あり
定休日:月曜日

電話

アクセスマップ

このページの先頭に戻る